FC2ブログ

霊的な目覚めに向かって パート2 魂のダークナイト

未分類





divineangelplaceのブログさんより転載




素晴らしいあなたへ

こんにちは。

今回は、霊的な覚醒、目覚めとは私にとってどういうことであるか、そして私だけではなく大勢の人々にとって本当の霊的な目覚めとは何であるか?をトピックに選んだのですが、動画でお話をしていくうちにジャッジメント(批判、非難)をやめていくことの大切さに焦点が当たってしまいましたが、とても大切なトピックだと思います。
 その後、またパート2として霊的な目覚めを経験しつつある今の地球上の人類が対面している感情的なチャレンジについても動画でお話させていただきましたが、ここでは2回に分けて少しずつお話させていただきます。

今、地球上で大きな変化が起こり始めています。 今まではサバイバルが人々の意識の中心に据えられたかのように、生き延びるためには人を押しのけても、誰かを傷つけても良いのだと信じ込まされ、競争世界の中でトップに立ちたい、人を蹴落としても勝利を得たいと願い、私たち人類は生存を続けてきました。 目には目を、歯には歯をという言葉が曲解され、見えないところで慈善行為をするものはまれであり、ほとんどの人々にとって見えないところで慈悲の行為をしてもなんの特にもならない、自分が損するだけだと思い込まされてしまうような社会の仕組みを築き上げてきました。  そのシステムが、その意識レベルが今崩壊しようとしているのです。 
b1.jpg
人々は今までは出るものは打たれるという諺があるように、自分たちと違った姿形を持っているもの、一般よりも目立つ行動をしたり、より多くの知識を持っていたり、より多くのものを所有していたリするものたちをターゲットにして、その人々を自分たちのレベルに引きずりおろそうとしたり、傷をつけようとしたり、欺いたりと、少しでも今までと違う個性を発揮し始めると多くの敵を作ってしまうという社会がこの地球上に蔓延ってきました。 でも今、一人ずつ、人々が世界中のあちこちで個性を尊重し、新しい今まで聞いたこともないような知識や経験を語りだすものに耳を傾けるようになってきたのです。 知らない世界があったということ、知らない知識を得ることにより、人生がもっと豊かになりえるということを大勢の人々が今、気付きはじめ、その個性、そして個々のユニークな経験を愛し、受け入れる器を持ち始めているのです。 宗教や人種、性別、性の表現のしかたなどすべてを含め、それぞれに美しい個性であるということにはじめて気が付きだしたものたち、イコール、ジャッジメンタルな認識を捨て始めたものたちが実際に世界中にひとり、またひとりと増えてきているのです。

ジャッジメントをやめるということは自分自身に対しても、そして他に対しても同じであり、私たちはこれからも努力して色眼鏡を捨てて、自分や他を非難したり、批判したり、嘲笑ったりすることを絶対にやめていかなければいけません。 ジャッジしている以上、本当の霊的な覚醒を私たちは経験出来ません。 ジャッジメントをしてしまったからこそ、私たちの地球上は戦争があり、憎しみがあり、孤独があり、虐めがあり、自殺があり、悲しみと苦しみに満ちた、生き地獄を大勢の人々が何世紀にも渡り繰り返してきてしまったのです。
すべての私たちは皆、それぞれに美しい個性を持ち、それぞれに違ったカラーを輝かせ、それぞれに神の一部を表現している愛されるべき、尊重されるべき、慈しまれるべきソウルなのです。 皆が尊い、神に創造された、美しい個性を持っており、その個性を堂々と主張して良いのです。 美しく輝き続け、存在していくためには皆と同じである必要もなければ、誰に認められる必要もないのです。 でも大勢の私たちは何か違う表現をしていたり、一人だけ際立っていたりするとその人を非難したり、叩いたりしてきたのです。 それはなぜでしょうか? それは実際に私たちは自分自身の中にもその誰か非難している人と全く同じ部分を持っていて、自分の中で認めたくない部分をまるで目の前に鏡を置かれたかのように見せられたので、真実を見るのが嫌で、辛くて相手の人を叩いたりしてしまうのです。 そうでなければ、逆に誰かが私たちが自分の中にも本当は持っているのに、自分の中にはない、自分には出来ない、自分が本当は欲しいけれども得ることが出来ないと感じているものを自由に表現していたり、持っていることを主張していたり、何か私たちが自分で望んでいるような生活や行動を自由に一足先に見せてくれている誰かに対して、エゴがジェラシーを感じ、その誰かを非難しているのです。 私たちは皆ひとつです。 私たちは皆、ハートを通してすべてと繋がっています。 誰かを非難したり、批判したり、嘲笑ったりしているということは実際に私たちは自分自身に指をさして、自分自身を嘲笑っているのです。 私たちのエゴは私たちをいつもネガティブな心へと導いています。 私たちのエゴは常に変化を恐れ、違いを認めず、私たちが小さく小さくなってしまうようにと囁きかけているのです。 そのエゴの声は悪魔の囁きと言っても良いかもしれません。 でもエゴの声を真実だと受け入れて、自分自身を愛される価値のないもの、小さなものだと間違った判断をしてしまうと、外側の世界で自分の側面を表現している人に出会ったり、自分がまだ受け入れることが出来ず、その才能や技能を発揮することに自信が持てずにいることから、嫉妬して批判してしまうのです。 私たちはそうしながら、エゴの声にコントロールされ、互いを、愛するものたちを、そして自分自身を何世紀にも渡り、抑えつけ、傷つけ、小さくしてしまってきました。 これから地球と人類がこのネガティブなサイクルを終えて(捨てて)、新しい次元へと移行していく中、このエゴのジャッジメント、間違っている認識を変えて、ありのままの自分自身を愛すること、あるがままの今の姿、選んで生まれてきた容貌、人種、性格、性質、嗜好も含め、素直に認め、受け入れて愛してあげること、そして同時に地球に一緒に降りて来て冒険を共にしているファミリーのメンバーであるすべての人々をありのままの姿で愛してあげることが何よりも霊的なる覚醒のために大切なこととなります。 

どんな行動や言動をしている人を見かけても、どんなファッションをしている人を見ても、どんな嗜好を持っている人を見ても決してジャッジするのはやめましょう。 彼らは一人残らず、みんなそのような行動や言動、ファッションや趣味を通して精一杯、ユニークで特別な個性、自分らしさを表現し、そしてありのままの自分を見て! 愛して! 認めてください!と叫んでいるのです。 
愛し合うことが本当に出来た時に、すべての違いを超越して認め、尊重し合い、愛することが出来たときに私たちの住む世界はみるみるうちに平和と愛と幸福に満ちたものとなるでしょう。戦いも、争いも、競争も、裏切りも、うつ病も、多くの病もなくなっていくでしょう。 そして今まで辛い場所と感じてきた、この3次元の地球上での生活が実際にどれだけ素晴らしいものであるか、どれだけ体を持ってこの3次元の物質世界に生きていることがミラクルに満ちていたかに改めて悟ることが出来るでしょう。 
b2.jpg
   魂のダークナイト 人生の暗闇、 壁

今、人類がかつてなかったくらいの勢いで次々に霊的に覚醒していると言われている中、大勢の人々が魂のダークナイト(Dark Night Of The Soul)を経験しています。 人生の壁につき当たり、その壁を壊せそうにないと圧倒されていたり、人生の岐路に到達したと感じ、次はどちらへ向かって歩んでいって良いのか全くわからないと戸惑い、過去の数々の行動が今ごろになって、過去からの亡霊のように、その亡霊が毎晩、目の前に現れてゆっくりと眠りに就くのを妨害しているかのように、過去の行動が今になってネガティブな結果を招いていると感じられている人々もたくさんいます。 
もうずっと昔に癒されていたと思っていた古くからの心の傷がまた表層に現れて、実は癒されたのではなく、心の奥深くにその記憶を閉じ込めて、蓋をしてずっと忘れようと、その問題に取り組まずに、自分自身を偽りながら過ごしてきただけで、まったく癒されていなかったということに気がつき、どれだけ自分自身のことを知らなかったか、取り組まなければいけないことがあったことに気が付かなかったかをあらためて悟り、圧倒されている人々がいます。
まわりの人々は自信を持って、やりたいことを実行し、成功への階段を昇っている中、自分だけが成長することが出来ずに、霊的に目覚めることも出来ずに、答えを得ることも出来ずに、ずっと暗闇の中、トンネルの中から抜け出れないと焦りを感じているものたちも大勢います。
心の問題だけではなくても、仕事を突然失ったり、愛するものを突然失ったり、今まで信じてきた人やものに裏切られたと感じられ、疎外感や孤独感を感じはじめているものも大勢いるのです。
何が真実であるか知りたいとずっと願ってきたのに、今まで信じてきた真実がなんだかすべて偽りだったように感じ、人生の土台がガラガラと崩れていくかのように感じ、一体これから何を信じていけば良いのか、誰を信頼していけば良いのか、自分自身さえも信じられないと感じ、人間としてこの地球上に存在していることに怒りや、深い哀しみさえ感じはじめたものたちが今増えているのです。
それはどうしてでしょうか? いろいろな理由がもちろんあり、それぞれの私たちに違った原因と結果がちゃんとあるということも事実ですが、今これらの感情に悩み、人生での事象を目の前にしているのであれば、きっとあなたもこの地球のアセンション前のエネルギーの変化により、意味があってこの魂のダークナイトを経験しているかもしれません。 アセンションの症状の典型的と言われているのが、この魂のダークナイトなのです。 
少しずつ、今人類が一人、また一人と目覚めつつあると言われるこの地球上、では霊的な目覚めとは何なのでしょうか? 前回にも述べましたが、本当の意味の霊的な目覚めとは、私たちは肉体ではなく、永遠のスピリットであり、私たちがこの物質の世界での地球上で目に見えるものだけが現実であり、真実であると信じてきたことはすべて間違いであり、本当の真実はこの物質世界を遥か超越したスピリットの世界を知ることであるということに気が付くことなのです。 そして霊的な目覚めとはまた、私たちが体を超越し、両親に与えられた名前、生まれてきた性別、選んだ職業、住んでいる国、どんな宗教や信条を持っているかということを遥かに超越し、本当の”私”とは何ものであるかということを知ることなのです。 本で読んだ知識、他人から聞いた知識、信じたいと思っていることだけではなく、実際に私たちが体を超越したスピリットであり、永遠の存在であり、すべてのものと繋がっているということを魂のレベルで知るということが本当の霊的なる覚醒です。 そして今まではこの地球上の人類は誰一人として完全に覚醒しているものなどはいなかったと言っても良いと思います。 どんなマスターでも、何万人の使徒を持つ教師であっても、体の中に魂が入り、3次元のこの地球に降りてきた以上、完全に霊的に目覚めるというのは今までは不可能だったのです。 私たちは長い長い歴史を通して、宗教や政治、教育、国々の文化、マスコミなどから数えきれないほどの情報を吸収し、それらだけに頼り、それらをこの世の真実として受け入れ、限界を設けられ、自分自身を忘れさせられてしまってきたのです。 長い長い歴史の中、私たちは身体だけがすべてであり、私たちは単独の存在であり、私たちはやがて肉体が滅びると同時に灰と化し、無となり、自然の一部として戻っていくと教えられてきたのです。 また宗教を信じてきたものたちの中では自分は取るに足らない、価値のない小さな存在であり、罪深い存在であり、私たちに君臨する絶対的なる創造主=神が私たちの意思や、願いは関係なく、私たちの行動や選択により、地獄に落とされたり、天国に入る許可をもらえると、まるで良い成績を取ってきた子供にはキャンディーを与え、悪い成績を取ってきた子供は押入れにお仕置きで閉じ込めるといった、神の天罰を信じ込まされてきたのです。 その長い歴史の中、私たちの魂は一部の人間が創り上げた良し悪しの定義に基づき、根深い罪の意識や、劣等感を蓄え、DNAや、アカシックレコードに長らくそれらを記録(記憶)してきてしまったのです。
今、地球と人類に奇跡が起こり始めていると世界中で語られ出しています。 何万年も続いた、牢獄の地球、催眠にかけられた地球、地獄絵のような歴史が繰り返されてきた地球と人類の歴史が終わろうとしているのだと世界中で語りだされています。 その情報は様々なところで、まったく違う年齢層、職業、宗教、人種、文化圏から次々と伝えられているのです。 そしてそれらの情報、それらのメッセージは驚くほど、いい合わせたように似ている内容であり、同じビジョンや同じメッセージなのです。 夢の中で啓示を受けたと語るもの、宇宙人や他のディメンションからやってきた生命体たちが現れ、チャネリングという形で教えてもらったと伝えるもの、自動書記や一瞬のインスピレーションという感覚で未来の地球と人類の様子を見せられた、受け取ったというものなどが文字や絵画、実際のチャネリングメッセージとして表現されるようになりました。
そしてそんな地球と人類に今までのギャラクシーでも起こったことのないとさえ言われる奇跡が起ころうとしている中、私たち人類が目覚めるにあたり、一番初めに通過しなければいけないことは、今まで私たちがいかに眠らされてきたかという事実を悟り、そしてこの地球はどれだけ暗闇に覆われてきたか、どれだけ自由を奪われてきたか、どれだけ真実をひた隠しにされてきたかという悲しい事実にも気が付かなければいけないのです。
そして今までは自分自身に目隠しをしてきたその目隠しを自ら外さなければいけないということを悟り、目隠しを外し始めた人々は地球の本当の今までの姿を見せられ、自分自身の束縛されてきた人生を見せられ、深いショックを受け、絶望感や怒り、悲しみを少しの間、感じてしまうのは当然のことです。 そんな小さな目覚めを経験している大勢の人々が今、大きな葛藤、怒り、絶望、悲しみの中にいるのです。 
そしてまたもう一つ、地球と人類がこれから奇跡を経験し、バイブレーションを上げ、今までのような相対性のない、愛と平和の領域へと移行していくためには、もう今までの3次元の領域にしか存在することの出来ない、波動の低いものをすべて手放し、癒していかなければいけないのです。 波動の低いものとは、悲しみや絶望、怒り、執着、嫉妬、ジャッジメントなど人間のありとあらゆるエゴの部分から来る、愛や慈悲の波動とは全く逆の感情のことです。 これらの感情は私たちのバイブレーションを確実に下げてしまい、なかなか高い領域の存在とアクセスしずらくなり、高い波動の領域へもアクセスすることが難しくなってしまうのです。 だからこそ、今地球と人類の波動をあげようと一生懸命、手伝ってくれようとしている生命体たちがこの地球上の至るところに降り立ち、また人間の体の中に入ってきて、手を差し伸べだしてくれているのです。 そんな中で、私たちはこの今の人生だけではなく、過去生に至るまで、私たちのアカシックレコードに記録されているネガティブなエネルギーも、そして私たちのDNAに記録されているトラウマもすべて癒すために、解き放ち、光に変えるために、それらが今私たちの心にもちゃんと感じるレベルで表層化され始めているのです。 だからこそ、私たちは今、魂のダークナイトを経験しているのです。
地球上にたくさん降りてきている高いバイブレーションを持つ光が地球上に放たれ、暗闇(過去の傷、取り組まなければいけない問題、気が付かなければいけない事実など)が照らされ始めているのです。 
b3.jpg
どれだけの時間がかかるかは個人により違うと言われています。 でも今もしあなたがダークナイトを経験されているのでしたら、グッドニュースです。 それはあなたもディヴァインにしっかりと抱きしめられており、あなたが目覚める時がやってきたからこそ、あなたのその魂の目覚めのために必要な癒しや気づきを得るために、あなたが取り組まなければいけない部分に焦点が当てられているのです。 あなたが自らを癒さなければいけない部分をはじめて見せられ、それに気が付き、痛みや苦しみ、悲しみを感じている真っ最中なのです。 過去生や過去からリリースしなければいけないのに、今まで見たくないから、感じたくないからと自分自身さえ欺いて、ひた隠しにしてきたその唯一の問題をもう一度、光を当て、掘下げて、恐れることなくしっかりと見つめ、そしてそれを愛し、愛と感謝と共に解き放つために、それらが今あらためて表面に浮かんできたのです。 
あなたが自分自身さえを騙し、誤魔化して惰性で選んできた職業やキャリア、魂の叫びや心から感じる情熱の声を無視して、諦めて生きてきた今の生活はあなたのバイブレーションを下げている根本的な問題だったかもしれません。 それらを取り除くべくとハイヤーセルフとガイドスピリットたちや、高次の生命体たちが助けてくれて、その職や生活、キャリアをあなたから取り去ってくれたのかもしれないのです。
本当はとっくに終わりを告げていた人間関係、恋愛関係も、世間の目を恐れたリ、社会的な秩序に基づいて、また一人になるのを恐れ、心の奥底からやってくる真実の自由への叫びを無視し、深い感情を押し殺し、そのまま形だけで継続してきたその関係を光の助っ人たちがあなたとその関係を持っていたソウルの間にあったサビついた、どす黒く重いチェーンを切ってくれたかもしれないのです。
どんなことを今、あなたが経験していても恐れてはいけません。 諦めてはいけません。 必ず時期がきたら、あなたにも大きな悟りと気づきが訪れます。 そして今通過しているダークナイトにはちゃんとディヴァインの深い意味があったことに気づく日が必ずやってきます。
そして眩しい光を見つけ、その暗く、長かったトンネルを脱出して、光と共に自信に溢れ、新たなる人生を歩み始める日が必ずやってくるのです。
決してあきらめてはいけません。 絶望してはいけません。 あなたは独りぼっちではありません。 今はまだ見えなくても、今はまだ気が付かなくても、今はまだ感じることが出来なくても、あなたはたくさんのスピリットたちに囲まれ、そしてあなたを本当に理解してくれ、ありのままのあなたを受け入れ、愛してくれる仲間が待っています。
魂のダークナイトは、私たちを目覚めさせるためにあるのです。 日の出は必ずやってきます。あなたが今のダークナイトから抜け出る日が必ずやってくるのです。
明るく、平和に満ちた、愛に満たされた地球でのあなたの存在は物語ではなく、あなたの真実なのです。
そんな日が必ずやってくることをあなたのハートに今刻み込んで、期待と希望を捨てずに、どんなに辛い気持ちになっているときも、しっかりとハイヤーセルフとディヴァインの導きを信頼して、光のサポートを得られるように、光からのガイダンスを得られるようにと常に前を向いて、そして祈り続けてください。 歩み続けてください。
あなたは愛されています。 あなたは私と一緒にアセンション後の地球に存在するシスターであり、ブラザーなのです。
スポンサーサイト



▲PageTop

【インテルアラート:2019年6月17日】

未分類





”経済は地球を救う”- RV/GCR情報 by spiritual-lighterさんのブログより転載




カバールが影響力を持っている数か国は、GESARAコンプライアンスを拒否し続けて、移行を妨げている。

それはイスラエル、メキシコ、ベネズエラのような国々で、その他にもある。

最近の動きは、香港がその他の国の一つであることを明らかにしている。

https://www.reuters.com/article/us-hongkong-extradition/hong-kong-news-outlets-say-controversial-extradition-bill-may-be-suspended-idUSKCN1TG01Z

香港は主要金融拠点なので、カバールが支配を維持するために重要だ。

しかし、これらすべての国は地球同盟によってどんどん解放されている。

一方、金融システムの解体計画は進行中だ。

イランとホルムズ海峡に関連する最近の出来事は、イランが新しい通貨を発表しようとしていることもあり、旧金融システムを解体する計画の一部になっている。

https://foreignpolicy.com/2019/01/29/can-a-new-currency-end-tehrans-economic-woes-iran-rial-toman-redenomination-exchange-rates/

この新しい通貨は、量子金融システムに関連しているという噂がある。

他にも、アメリカ合衆国(株式会社)の債務返済に必要な金塊が、今回のトランプ大統領の訪日中に得られたというニュースがある。

米国の債務の返済は、共和国(アメリカ合衆国)の復興に必要だった。

共和国の復興はGESARA準拠の一部である。

トランプ大統領がイギリスを訪問して女王と会談したことも、裏でRV/GCRに関する資産移転書類が署名したことで、重要な出来事だったと言える。

情報源は現在、イラクディナール(IQD)の再評価から始まる民間償還イベント(RV)を期待している。

IQDは、その他の通貨(VND、ZIMなど)とともに、再評価される最初のバスケット通貨になると予想されている。

IMFはイラクディナールの再評価を発表する予定である。

ベトナムドン(VND)は、再評価する2番目のバスケット通貨になる予定だ。

ジンバブエの歴史債券(ZIM)の償還はその後、行われると予想される。

各バスケット通貨が次々に再評価されるため、すべての償還者は体系的に資金補給される。

カバールが完全に根絶されるまで、償還された資金は留保されるだろう。

しかしながら、すべての償還者は高い利息で埋め合わされる。

あなたの償還資金の一部は、移行期間を生き残るために十分なだけ与えられだろう。

カバールが完全に根絶されると、償還者が世界を癒し始める自由が与えられる。

▲PageTop

新しい情熱が次々に芽生えていく今。。。

未分類





divineangelplaceのブログより転載




新フェイスブックグループ誕生! 意識の変化、アバンダンスを受け取って、それを分かち合っていくこれから〜

本当の自分自身でいるために決めたこと

愛をハートに持つソウルフレンドのあなたへ、



こんにちは。 今日は私の住む米国、ジョージア州は曇り空です。 今にも大雨が降り出しそうな気配がします。

マザーアースも私たちの心と同じように今、色々違った感情をお天気で見せてくれていますね。 そして大きな何かがまた今にも起こりそうな気配もします。(それは決してネガティブな意味ではありません。)



毎日、ものすごいエネルギーが流れていますね。 エネルギーや、星の動き、ギャラクシーの動きにとても敏感に反応する私は、時には眠れない夜が続いたり、寝不足が定着してしまったりして、ボ〜ッと一日、夢の中にいるのか、現実の中にいるのかわからなくなってしまうような瞬間も度々です。



私の中に今、毎日のようにスピリットの世界からガイダンスやインフォメーションが降りてきています。 そして心がぴったりとつながっているスピリットフレンドたちからも大きなアクティベーションを受けています。(それは一方通行ではありません。)

今回、私は皆にもシェアしたいことがあります。 胸の内をそのままシェアします。

私のブログは自分に向けた日記のようになってしまうかもしれませんが、共鳴を受けた仲間たちのハートにだけ同じようにアクティベーション、ダウンロードとして届けられると思います。



ディヴァインフェミニンの目覚めがやってきましたというメッセージを私は去年の暮れあたりから動画の中などでもシェアさせて頂いてきたと思いますが、それが事実であると自分自身の心や体、人生の中に現れてきています。



凍っていた心は溶け出し、頑なに閉ざされていたスピリチャルハートも開いていっているのを日々感じています。

そしてディヴァインフェミニンの目覚めとは、ずっと長い間抑圧されてきた、喜ぶという心、自分自身に愛を受け取るという心も癒され戻ってくるということなのです。

またディヴァインフェミニンの目覚めとはクリエイティビティーに炎が灯され、そして遊び心、喜びを自由に心で、体で、創造の中で表現していくことが自由に出来るようになるということです。

ディヴァインフェミニンエネルギーはセクシュアリティだけではもちろんありません。(セクシュアリティももちろん誰にとっても大切なことなのですが、、、)



今、私は地球上に人間として生まれ、存在しています。 性別は女性としてこの人生では選び生まれてきたようです。

衣を脱ぎ捨てたら、私には性別も、人種も何も関係ありません。 でも実際にこの人生ゲームを日本人女性として楽しんでいくと決めて降りてきたソウルの一つです。

では私の魂は、この日本人女性としてアバターを決め、スピリチュアルネームをK.Angelと呼ぶ人生の中で何を表現し、何を成し遂げたいのでしょうか? 



私の魂は、目的を持って生まれてきました。 その目的とは自分だけの満足、夢を叶えるためではありません。 私をきっかけとして、大勢の同じようにアバターを決めて地球に生まれてきたソウルグループの仲間たちを刺激し、癒しや気づきへとサポートし、本当の自分自信を取り戻すジャーニーのほんの一瞬のお手伝いをするために降りてきました。  そして自分自身の魂のそれによって望んでいることは、仲間と喜びや夢、愛を分かち合って、仲間たちが希望と夢を持ち、目を輝かせて立ち上がっていく(立ち直っていく)姿を見ることによって、この上ない喜びや満足感を得るということです。



一体、そうするためにはどうすれば良いのか? どのようにしたら、私は私の魂(ハイヤーセルフ)が望んでいる目的を果たしていくことが出来るのか? 

試行錯誤して数十年のスピリチュアルな探求を行なって今日に至ります。

日本人女性であり、とっても心はガラスのように繊細で、泣いている人を見ると自然に自分自身も泣けてきてしまう、一人で学校や、どこかで下を向いてランチやお食事を取っている人を見ると、そこに行って座って一緒に食事をしても良いですか?と思わず声をかけてしまいたくなるお節介な私、道端で喧嘩や、騒動が起こっていて、誰かが傷ついている、虐められている現場を見ると、命を失うかもしれないような状況の中でも走っていって喧嘩を止めに入ろうとする恐ろしい側面を持つ私、自分の命を失っても、愛するものを守るであろう正義感に包まれた私、不正や嘘が許せない私、、、そんな私は、これまで地球のアバターの上にさらにミニチュアアバターをかぶせようと必死に、いろいろな仮面(お面、、、笑)をかぶって生きてきました。 

本当の自分ではない偽りの自分を一生懸命装って、最後には疲れ果てて一人で燃え尽きてしまうというリレーションシップも経験しました。 

自分のことは後回しにして、とにかく周りをサポートしなければいけない、誰かを守らなければいけない、何かを誰かのためにしなければいけない、、、という究極的には自己否定、セルフアビューズのような意識を持って、人生を何年も過ごしてきました。

これをしなければいけない、

これをするべきである、

これはこうあるべきである、、

それはスピリチュアルな世界でも同じでした。

生まれ持って私の魂に刻まれているヒーリングのエネルギー、他のソウルたちのハートをアクティベートする光、そばに来るものの波動を自然に上げることが出来るマグネットエネルギー、このようなギフトを他にも持って地球にやってきた仲間たちはたくさんいますが、これらの能力は、時にはネガティブな方向に偏ってしまうと、先述した自己否定、自分には受け取る価値がないといった意識を自然に魂に刻み込んでしまいます。

私の場合も受け取るという自然な行為がどんどんと難しくなっていって、少し何かが私のところにやってくると、それが賞賛であれ、物質であれ、愛情であれ、罪の意識や、恐れや不安さえ生み出してしまっていたのでした。 

受け取ってはいけない、受け取るよりも与えていくべきである、、、という小さな潜在意識のボイスが何かが私のところにやってくるとプログラミングにより、何度でも再生されるので、自然に私はエネルギー的にそれを拒否して、ただ与える、与えるという側に回って、終いには燃え尽きてしまう、、、疲れ切ってしまう、、、というのが特にスピリチュアルな人生では私のパターンになっていました。

だから常に疲れを感じ、早くこの地球から解放されたい、一体いつ私は自由になれるのだろう? 一体、いつこの使命が終わり、“マイホーム”に戻れるのだろう?と大勢の同じように使命を持って生まれてきたものたちが子供の頃から感じる疎外感や部外者意識を持って生きてきました。 この地球は“生き地獄”のようにさえ感じることが多かったと言っても良いでしょう。

でも実は、これも私たちのこの地球の“社会”が意図的に作った、スピリチュアルコミュニティーの中でもプログラミングとして浸透してしまった偽りのパターンだったのです。

アセンションを待たなくても、3次元のネットからたとえまだ抜け出ることが出来なくても、もっと自由奔放に、喜びや情熱、遊び心を私自身も持ちながら、スピリチュアルワークを続けていくことが出来るということに身を持って体感したのです。

先を急ぐことは何もない、アセンション(未来)だけを首を長くして待ち望んでいるだけで、この美しい地球で毎日を台無しにしていく必要は全くないのです。



私たちの使命をしっかりと果たしながら、日々、自分自身にも豊かに受け取るということを許し、自由に、美しく舞いながら、笑いながら、子供のように一切の不安を捨て、存在を続けていくことは実はとっても簡単なのです。

それは、、、、

自分自身がまず喜ぶことを正々堂々と行っていけば良いだけなのです。

誰々のために何かをしなければいけない、、、、のではなく、

まず自分が何を望んでいるのか? 自分自身が何を経験出来たら、ハートが喜ぶのか?を中心にして考えて、生きていくことは全く悪いことではないのです。

むしろ、そうすることによって、喜びは伝染し、アバンダンスをもっと周りとも惜しみなく分かち合っていくことが出来るのです。



それに気が付かせてくれた素晴らしい友たちが、今、スピリチュアルワークを共にしている過去生からの深い繋がりがある雅子スチュワートでした。 

彼女は私の夫のように(実際に本当に過去生ではそうでした!)いつも私を愛し、私を甘やかしてくれ、私を褒め称えてくれ、天国にのぼったような気分にさせてくれるアースエンジェルの存在です。



また一人の私のアクティベーターであり同時に、私に自分らしくいること、自分自身を大切にして、自分のために立ち上がることを教えてくれているのは、私の魂の息子に当たるアセンションコードを世界の人類のためにディヴァインから受け取ったネオグリマー でした。

私の魂をリミットレス(限界のない)だよ、どんなことも自分で作ったストーリーであり、それが嫌いならいつでも変えることが簡単に出来るんだよ、、、と気付かせてくれたのが数年前から私自身のひっそり隠れヒーラーであるダン.マッキーニでした。 (彼のことはまだ私の英語チャンネルでしか紹介したことがないのでブログを読まれているほとんどの皆様が知らないかと思います。彼は本物のリミットレスヒーラーです。 彼については私のウェブサイトwww.divineangelplace.netで少しだけ紹介させていただいております。)

次回、彼とのエピソードもまた動画の中でシェアさせていただきたいと思います。



彼らの存在が私の今の人生で、このようにして“最善のタイミング”でやってこなければ、今の自由で、開放感に満ち溢れた、いつまでも永遠の子供みたいな無邪気な“おばさん”である“K.Angel”というアバターの存在はなかったでしょう。



私はこうして、必然的に、最善の時に、最善のタイミングで繋がった友達に魂のアクティベーションを受けています。 まさに魂のアップグレードです。

意識やエネルギーレベル、人生の急激な変化、変革は本当に驚くばかりです。

私の人生は今、数年前と比べても180度違っています。 

自分をまず大切にしてから、人々を癒していくお手伝いをする、人々に同じように自分自身を大切にして、自分自身に豊かに受け取るということを許してあげる心を持つことの大切さを教えてあげられる、本当のバランスが取れて、3次元のレベルでも癒された状態で初めて、本当のヒーラーとして、本物のリミットレスソウルとして、お手伝いをしていくことが出来るのだと私は最近また大きなアップグレードを経験したばかりです。

私たち、ソウルグループのメンバーたちは、忙しいスケジュールの中でも、頻繁に繋がっておしゃべりをしています。 特別、ウェビナーやクラスのための準備のお話をしていることの方がずっと少ないと思いますが決して無駄な時間を過ごしているのではありません。 普通の友人同士が、笑い、ジョークを飛ばしたり、泣いたり、笑ったりして集っているその中で、私はエネルギーレベルでも、ぐんぐんと新しくアクティベートされていくのを感じています。



このアクティベーションは、もしかしたら、今地球上に流れてきているウェーブがかなり関係しているのかもしれません。 アセンションコードを受けて、それがDNAに組み込まれていっているからかもしれません。 またそれらが全てバランスよく調和され、私たちがアクティベーションをものすごいスピードで受け取っているのかもしれません。



このアクティベーション、ソウルグループ、ソウルメイト、ツインフレームの再会や、結成、統合は私たちだけではありません。 世界中で今も至る所で同じようにRe-Unionが起こっているのです。 まだあなたが本当に気の合う友が見つからない、理解し合える、同じ意識を持つ仲間が周りに誰もいないと言う場合も、希望を捨ててはいけません。 あなたにも必ずシンクロニシティーで魂の友と再会する時がやってきます。

そのための大移動(人間関係、物質界でも)が起こっていると私は動画やブログの中で何度もお話ししていると思います。



そうして私の人生でも、今最善の時に、私の目的、私の魂、そして高次元にいる私自身が3次元の私に望んでいることがはっきりとわかってきたのです。 

今までは漠然としていたものが、漠然としていた道に明るい光が灯されたように、私が進んでいく道がくっきりと、太く広がっているのを私はビジョンではっきりと見ることが出来るようになりました。



大切な、本当に愛する友である雅子スチュワートとネオグリマー がカタリスト(引き金)となって、私は今まで短期間の間ですが、結成したフェイスブックのスピリチュアルヒーラーをメインのターゲットとしたグループを解散することにしました。

素晴らしい友たちが集まったグループだったと思います。 ETRと呼ぶ新しいエナジーヒーリングモダリティを日本に一緒に紹介させていただいた米国のヒーラー、ビバリーネーションの強い影響もあり、初めはETRに大きな比重を置いて結成したグループです。 そのグループの名前には、ですからETR、そしてETRを施していくプラックティショナーさんの条件だと言う“スターシード”という言葉が付いています。

そのグループは、今思うと全てが腑に落ちて、理解出来るのですが、もちろんディヴァインの導きであり、ここに集った素晴らしいハートに愛を持つ仲間たちが知り合い、情報を交換し、またこのグループの中で枝分かれして、小さなグループが結成されるためのものだったのです。 このグループが作られなかったら、知り合うことがまだ難しかった友たちがいます。 このグループが作られなかったら、結成しなかったであろう新しいスピリチュアルグループがいます。 

だからこのグループはディヴァインの導きにより生まれたのです。

やがてこのグループはどんどんと新しい風が吹き、新しいカラーが加えられ、私から独り立ちしていきました。

もう私自身が、このグループを時々のぞいても、自分が部外者のように感じるエネルギーが流れていました。

自分が本当はシェアしたいことを躊躇してしまい、シェア出来ないようなエネルギーが生まれました。

それは誰が悪いとか、なぜそうなったかとかそういうこととは全く関係ありません。

ただそれは、集合としてのグループの中に入っている私を含めてのメンバー様たちそれぞれのエネルギーが一緒になって、生み出されたエネルギーでした。

私はずっと去年の暮れあたりから、このグループをどうしようかと悩んでいました。

そのままにするべきか、またはクローズしてしまうべきか? 自分が抜ければ良いのか? どうするかわからずに何ヶ月もの日々が過ぎ去っていきました。

雅子スチュワートと長い間、会話したその日、次はネオグリマーとまた長い間、会話をただ続けるという日がありました。 その時です。 私の中で何かがまたパチン!とアクティベートされたのです。 息子であるネオが、この時は私のガーディアン、父親のような役割に入れ替わりました。 

ものすごくストレートで、私以上にガラスのように繊細なネオが私のエネルギーと今のフェイスブックのグループのエネルギーを読みました。 そして真面目な彼が強い口調で私にカツを入れました。(笑) “人”に一瞬でも触れただけで、その人の言葉とは裏腹でも、何も言葉を交わしていなくても、すべての心の内がはっきりと読めてしまうと言う彼は、私とネットを通していても、ちゃんと私のハートを読み、私がハートに従った行動をとっていないことを読み取りました。 

その時、私のハートに同時に稲妻が走ったように、はっきりとディヴァインガイダンスが下されました。 ハートからハートへのアクティベーションがそこでも起こったのです。

自分らしく、そのまま自分が自由に、好きなように、自分の本当の姿を仲間たちに見せていっても良いのだと。 何を恐れていたのだろうかと。

そしてフェイスブックの既存のグループはしっかりとクローズして、新たに一から始めましょう! (始めなさい!ではなく、始めたい!です。)という強い感情と情熱に変わりました。

私たちは一緒にワークをしています。 そしてどんなワークもそうですが、スピリチュアルワークもずっと無償で、無料で行っていくというわけにはいきません。(これこそがセルフアビューズであり、自己否定です。)だから私たちのウェビナーやクラスは有料です。 ドネーションをいただいたり、費用を受け取っています。

それらを皆で私たちはありがたくシェアさせて頂き、日々の生活の糧とさせていただいています。

でもやっぱり無償で、経済的にも今はまだ苦しい仲間たち、まだ3次元の世界の限界を解除できていない仲間たちがいます。 そんな仲間たちこそが、私がこれからサポートしていくべきソウルたちなのだというメッセージを同時に受け取ったのです。

私がサポートしていくソウルたちは、すでにハイヤーセルフとしっかり繋がっている目覚めたソウルたちではなく、ヒーラーや、カウンセラー、プロフェッショナルなスピリチュアル教師、有名人や、著名人と呼ばれるソウルたちではありません。

私がこのアバターを持って、今もまだ地球に存在している理由は、これから目覚めていくものたちを導いていくからなのです。

そんな時に、私は有料でしか参加できないウェビナーやクラスだけでお話していては自分自身のハイヤーガイダンスに従っていないことになってしまいます。

お金という形でエネルギーや光をまだ交換しあえない仲間たちと繋がる方法は、お金が入らなくて仲間たちとどんどん繋がる方法は?と考えた時、私が今までやっぱり導きで続けてきたYouTubeというプラットフォームを用いてのビデオメッセージであり、そして今まではどうしても苦手と感じてきた、SSN、フェイスブックやブログ、ライブなのです。 そこで私はお金のバリアーも全くなく、新しい、これから目覚めていく、純粋で美しいハートを持つソウルたちと繋がっていくことが出来るのです。 

でもそうするためには、いくつもいくつも違うグループやプラットフォームを同時に持つことは出来ません。 地球では時間というものが作られ、限られているというイリュージョンの中で私たちは存在しています。

私が今、持っているSSNのプラットフォームはフェイスブックであり、ブログ、そしてYouTubeのビデオメッセージです。 

フェイスブックグループを結成しよう! それはあくまでも私のカラーをそのまま100%出していける、ブログの延長のようなものです。 そこで全ての仲間たちもそれぞれに、自分自身のカラーそのままでシェア出来る、安心して語り合える、時には涙したり、時にはくだらないジョークで笑い合ったりと出来る安心のグループです。 そこはプロフェッションも、肩書きも、年齢も、性別も、人種も、宗教の信条も全く関係なく、そしてお互いに決してどんなことも、どんな人も、何ものもジャッジしないピュアなハートとハートだけで繋がれるグループです。 それこそがリミットレスソウル たちが集まり、リミットレスな冒険を共にする集いの場です。



そして、私は朝まで寝ないで、新しいフェイスブックグループを結成しました。

朝近くに、動画でもメッセージを伝えました。

そのグループの名前は、Divine Angel Place / Realm of All the Angels & Light Workers 光の仲間たちのコミュニティー です。

ここでは出来るだけ、制限がないようにしていきたいと思います。

でも規約があります! 笑

それはあなたがアセンションを心から信じ、人類と地球のアセンションを楽しみにしているということです。

そしてあなたも地球に生まれてきた“人間”であり、どんな肩書きを持っていても、自分自身も時には癒しが必要であるということをちゃんと認めることが出来、それでも、一緒に周りでハートに光を持つ仲間たちと共に励まし合い、手を取り合って、助け合ってアセンションまでの残りの人生を喜びと愛に包まれて生きていきたいと願っている方に来ていただきたいと思っています。ETRのプラックティショナーさんである必要も、ヒーラーである必要も、スターシードである必要も全くありません。 スピリチュアリティのことなんて全く知らなかったという方も大歓迎です。



今までのETR スターシードコミュニティーはそこにリンクさせています。 私のハートと共鳴して下さる全ての皆様、今までのグループからぜひ新しいグループに移動してくださればとっても嬉しいです! でももしもう私のハートへ共鳴を感じることが出来なければ、あなたの新しいジャーニーのたくさんの祝福を私は心から応援しています。

光を送ります。

新しい仲間で、このブログを読んでくださって、フェイスブックは私と同じように苦手だけれども、ちょっとトライしてみようかな?と思って下さったのであればぜひアカウントを作ってこのエンジェルたちのグループのメンバーになってくだされば嬉しいです!

今までの素晴らしいライトワーカーたちが集まるグループは2019年6月30日をもってクローズさせていただきます。

グループ内で、光のネットワークを形成されたあなた(ブログを読んでくださっている)は、ぜひそれまでに新しいフェイスブックグループを作成され、私と同じようにフレッシュスタートで新たなレインボーウェーブをそこに流し込んでいってください。

そしてこの半年以上の間、集まって下さった一人一人のメンバーの皆様にここで改めて、心から、魂から感謝を述べたいと思います。

本当に皆様、ありがとうございました。

そしてこれからも、新しい光のコミュニティー、 Divine Angel Place Realm of All the Angels をどうぞよろしくお願いいたします。



心からの愛を込めて

こちらがフェイスブックグループの移行についてのお話をシェアさせていただいた動画リンクです。

https://youtu.be/LW5UdlP0wBY

K.Angel

▲PageTop

2019年年6月14日のインテルアラート

未分類





経済は地球を救う”- RV/GCR情報 by spiritual-lighterさんのブログより転載




【インテルアラート:2019年6月14日】


脱走したり地球同盟に降伏するディープステート/カバールの数が非常に増えている。

しかし、少数の強硬なディープステート/カバールは降伏することを拒否し、苦痛に満ちた最後まで抵抗することが予想されている。

情報源によると、米国財務省(UST)はカバールに潜入されており、民間通貨償還イベント(RV)への活発な遅延工作が行われている。

地球同盟は現在、USTのディープステート/カバールの潜入者を排除することに取り組んでいる。

この作戦が完了する最終期限は、新しい量子金融システム(QFS)を稼働するために、ドイツ銀行(DB)が旧金融システムの崩壊を引き起こすことが計画されているので、間近に設定されている。

もしこの作戦が最終期限までに完了しなければ、地球同盟は軍事行動を取り、移行の最終段階を強硬手段で完了する以外に選択肢がない。

このことによって、大量起訴が計画より早く始まる必要性が生ずるだろう。

我々は地球同盟とディープステート/カバールの間の最後の対決を目撃している。







現在、地球同盟は財務省内部のカバー退治に忙しいようです。



そういえば今年の元旦のマイク・マードック情報でも、RVを阻止しようとした財務省内部のカバール工作員が50人も、地球同盟の特別捜査官に逮捕されたという情報がありました。



あれから半年もたつのに、まだすべてのカバールの排除が完了していないようです。



やはりアメリカ政府に対するディープステートの支配には、相当、根が深いものがあるようです。



このカバール退治が完了しないと、地球同盟は強硬手段をとらざるを得なくなるだろうということです。



そうなってくるとなんだか、無理にそこまでしなくても、もう少しゆっくりやってもいいような気もしてきます。



しかし、もう期限は切られているとのことです。



しかもそれは非常に近いということです。



もう間もなく、否応なしに最終的なリセットが始まりそうです。



世界を揺るがす大イベントがいつ始まってもいいように、心の準備だけはしておきましょう。

▲PageTop

Michael Jackson ~ Heal The World

未分類








▲PageTop